リンパ浮腫のための医療リンパドレナージ~植田塾~

Dr.Vodder

ボッダー

エミール・ボッダーは、コペンハーゲン大学で医学・細胞学・理学療法を学びましたが、途中マラリアに罹患し、回復後ブリュッセル大学で学位を取得します。

彼とその妻は、リンパ管システムの分析と生理学の研究を続けるために、パリへ引っ越したのですが、カンヌで療養中のイギリス人達の多くが、風邪ぎみで首のリンパ節が腫れていることに気づきました。
当時、腫れたリンパ節に触れることは、病気の悪化につながると信じられていましたが、1932年、彼は腫れたリンパ節の上を非常に優しくマッサージしたところ、腫れはひき風邪も治ったそうです。

そして1936年、パリでMLD(Manual Lymph Drainage)のすばらしさを世界に発表しました。

以後30年、MLDの技術改良と効果のエビデンスを明らかにするために、人生を捧げました。

●1971年ボッダースクールをオーストリアに開校(ウィトリンガー)

●1974年ドイツで、健康保険の適応になりました。

ボッダーの技術は、現在も世界中で少数の優秀な認定講師達によって、正確な技術と理論が受け継がれています。

MLDを継承した人々

Wittlinger:Vodder(オーストリア)
Asdonk(ドイツ エッセン Vodder Center)
Feldi(ドイツ Feldi Clinic)
Casley – Smith(オーストラリア)
Leduc(ベルギーブリュッセル)

▼セミナー・リンパ浮腫のご相談は▼ info@uedahitomi.jp

セミナー実績


-PR-

PAGETOP